毛がに

毛がにの食べ方


毛がにの上手な食べ方をマスターすれば、せっかくの高級食材を余すところなく堪能できます。

上手な食べ方の一例を、ご紹介しましょう。まずは上手な毛がにの選び方です。毛がには、とにかく重いものを選ぶのがコツです。大きくても持って軽いものは、身の入りが良くありません。毛がにの醍醐味はみっちりと入った身の甘さと食感です。やはり小さめでも持ち重りのするものを選びましょう。

ずっしりとした毛がにを選んだら、できるだけすぐに茹でてしまいます。3%から4%の塩水を沸騰させ、そこにひっくり返した毛がにを入れて茹でましょう。

もし説明書などに茹で方や茹で時間が書いてあった時には、その通りにしましょう。カニは茹で時間が長すぎるとパサパサになってしまいますし、茹で時間が短すぎると生臭さが残ってしまいます。

茹であがったら、ホカホカのところを食べましょう。簡単な毛がにの食べ方としては、まず脚を全て根元から切り離していきます。全て切り離したら、お腹にあるふんどしとよばれる三角形の部分も取り除きます。

ガニと呼ばれるエラは食べられない部分なので、あらかじめとっておきます。

甲羅をはがしたら、裏についている味噌を忘れてはなりません。そこに足などからからほぐしだした身を集め、まぶして食べるのがスタンダードな食べ方かもしれませんね。

マルマサ北海道のように通販サイトで詳しく食べ方を紹介している所もあります。参考にしましょう。塩分が濃い水で茹でたのでほんのり塩味が効いて、さらに蟹の身の甘みを引きたててくれますよ。

もちろん三杯酢で食べたり、かんきつ類をしぼっても美味しく楽しめます。


毛がに情報CHECK!



COPYRIGHT(C)わけありカニについての注目WEBサイト .ALL RIGHTS.