毛がに

毛がにのレシピ


毛蟹を美味しく食べるには、ちょっとしたコツがあります。

北海道で浜ゆでをほおばるのと同じ味を堪能できる、毛蟹の茹で方レシピをご紹介しましょう。
毛蟹は茹でた状態で冷凍されたものも販売されていますが、やはり一番美味しいのは新鮮な獲れたてを茹でたてで味わう事でしょう。

最近はすぐに届けてくれる通販が発達し、朝獲れた毛蟹をそのまま浜ゆでにして送ってくれるショップもあります。しかし茹でたてのホクホク感が毛蟹の醍醐味ですよね。タラバガニやズワイガニのように大きな蟹ではないので、家庭用のお鍋で十分簡単に茹でられます。では基本のレシピをご紹介しましょう。

届いた毛蟹は一刻も早く茹でます。せっかく生きている蟹でも、輸送中に痩せてしまうからです。
お鍋にお湯をたっぷりと沸かします。水1リットルに対して塩を35グラムから40グラムほど入れて食塩水をつくり、それを沸騰させましょう。

煮立ったら毛蟹を軽く水で洗って、甲羅を下に向けて茹でます。再沸騰してから15分から20分で、茹であがりです。ほっくほくの浜ゆで風毛蟹の完成です。

私の父は毛蟹の甲羅をはがして味噌を食べ、そこに燗酒を入れて甲羅酒にして飲んでいました。
毛蟹が美味しく食べられるレシピとしては、酢の物やおみそ汁などが挙げられます
。ほかにも身をほぐしてカニ玉にしたり、蟹チャーハンにしても美味しいですね。

またトマトクリームとの相性がよく、パスタソースやグラタンにしても美味しく食べられます。身を全部食べてしまった殻も、捨てないでくださいね。お鍋でことこと煮出せば美味しいスープが取れます。

中華風にしても、おみそ汁にしても美味しいですよ。

美味しい毛蟹をさらに美味しく食べられるレシピを見つけて、もっと毛蟹を堪能しましょう。


毛がに情報CHECK!



COPYRIGHT(C)わけありカニについての注目WEBサイト .ALL RIGHTS.